<img src="https://trc.taboola.com/1341089/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">
  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • pocket
  • はてな
Dec. 28, 2021

翻訳会社、初めて依頼する前に知っておきたい【5分で分かる翻訳会社探しのポイント・お役立ちリンク集付き】

 

日本に翻訳者会社は、一体何社あるのか?


日本翻訳連盟(JTF)が発行している「翻訳通訳白書」によれば、日本の翻訳会社数は2,500社あるとされています。

その中から、どうやって翻訳会社を選べばいいのか?

 

ここでは、翻訳で困っているみなさんが、どうやって翻訳会社を選べばよいのか、参考になるような情報をお届けしたいと思います。

安心出来る翻訳会社に頼みたいという方には

一般社団法人 日本翻訳連盟(JTF)

日本翻訳連盟(JTF)とは、翻訳に関わる企業、団体、個人の会員からなる産業翻訳の業界団体で、内閣府からの認可も受けています。翻訳業界内では権威ある団体となり、翻訳会社が登録するには審査等も必要となります。ですので、まずは、日本翻訳連盟(JTF)に所属している翻訳会社から、探してみるというのがいいかもしれません。

日本翻訳連盟(JTF)

 

JTFのサイトでは、翻訳会社リストという一覧ページがあり、対応言語や分野などによる翻訳会社検索も可能です。

日本翻訳連盟(JTF)の翻訳会社リスト

 

 

    検索エンジンなどで翻訳会社を探したい場合は、下記記事をご参照ください。
  1. 翻訳会社に依頼するメリットは?おすすめの探し方とは?

 

翻訳会社とセキュリティ

セキュリティを気にしている場合は、翻訳会社に原稿を送る前に、NDA(秘密保持誓約書)等について、確認しておいたほうがいいでしょう。現在、ほとんどの翻訳会社で、申し入れれば、NDA締結に応じてもらえますが、NDAを気にしない業界のお客様も多いので、必ず最初に締結するという業界の風土ではありません。ですので、NDAがマストの場合は、事前に翻訳会社に伝えておきましょう。

 

また、翻訳会社と翻訳者の間でも、NDAが結ばれているかを、確認しておいたほうがいいでしょう。

 

翻訳会社とPマーク

Pマークを取得している翻訳会社もありますので、個人情報が含まれている内容であれば、そうした翻訳会社を選定したほうがよいかもしれません。

 

先ほどご紹介しました日本翻訳連盟(JTF)の翻訳会社リストで、Pマーク取得済みの翻訳者会社だけを検索することが出来ますので、こちらで検索を行うと30件前後の翻訳会社がヒットします。(2021年12月現在)

Pマークを取得している翻訳会社の検索結果

 

 

 

 

 

 

翻訳会社とISO(翻訳サービスの国際規格)

iso17100_logo翻訳業界でも、他の業界同様にISOが存在しています。ISO17100では、安定した翻訳品質を提供するために翻訳サービス提供者が具備すべき必要事項について規定がされています。つまり、ISOは品質を保証するものではないですが、安定した品質でサービスを提供するために、努力している翻訳会社であるという目安にはなります。

 

    ISO17100の詳細については、下記記事をご覧ください。
  1. 翻訳サービスの国際規格:ISO17100とは

やはり、日本翻訳連盟(JTF)の翻訳会社リストで、ISO取得済みの翻訳者会社だけを検索することが出来ますので、こちらで検索を行うと50件前後の翻訳会社がヒットします。(2021年12月現在)

ISOを取得している翻訳会社の検索結果

 

ちなみに、PマークとISOの両方を取得している翻訳会社で検索すると、20件前後まで翻訳会社が絞り込まれます

PマークとISOの両方を取得している翻訳会社の検索結果

最近はPマークやISOを取得している翻訳会社も増えて来てはいますが、まだまだ、それほど多くはないというのが現状です。

 

 

 

安く、早く、翻訳したいという方には

AI翻訳(無料)

『英語で送られて来たメール、なんとなくでいいので、その意味を知りたい』それぐらいであれば、無料のAI翻訳でも十分かもしれません。昔と違って、今ではAI翻訳の精度も相当高くなって来ています。無料のAI翻訳では、Google翻訳がよく知られていますが、最近ではDeepL翻訳なども話題になっています。

 

    AI翻訳の詳細記事は、下記をご覧ください。
  1. AI翻訳アプリの精度をプロの英語翻訳者が実際に検証してみた
  2. 翻訳のプロがAI翻訳(DeepL)を検証してみた(その1)
  3. 翻訳のプロがAI翻訳(DeepL)を検証してみた(その2)

 

クラウドソーシングで翻訳

今は、ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシング系マッチングサイトなども多数ありますので、そうしたサービスで、翻訳を頼むことも出来ます。

 

 

    クラウド翻訳の記事については、下記をご覧ください。
  1. ECサイトの翻訳はどうすればいいのか?

さらには、翻訳に特化したクラウドソーシング系サービスもあり、WIPジャパンでも「訳す」というサービスを提供しています。

    もし「訳す」にご興味をお持ちいただけましたら、無料でお試しを利用してみてください。1,000円分が無料でお試しいただけます。
  1. 「訳す」1,000円無料お試しページ

 

ポストエディット

AI翻訳などで自動的に出された翻訳結果を、人間が修正して訳文を完成させるという手法です。「ポストエディット(通称PE)」と呼ばれています。最終的には、人間が作業するために、劇的に安くなる訳ではありませんが、3割前後のコストカットも可能です。予算を少しでも抑えたいという場合は、翻訳会社に相談してみるといいかもしれません。
    ポストエディットの詳細については、下記記事をご覧ください。
  1. ポストエディットとはどのような翻訳手法?工数やコストが減らせるの?
  2. ポストエディットの国際規格:ISO18587とは

また、実際にポストエディットはどれぐらいの翻訳品質なのか?やはりみなさん、疑問に思われるかと思いますので、WIPジャパンでは、英語原文のブログ記事をポストエディットで日本語に翻訳した記事をアップしていますので、ご覧になってみてください。

  1. 翻訳チェックで得た学び(英文記事のポストエディット版)

 

ノーチェック

実は、翻訳会社が言う納品訳文とは、担当の翻訳者が翻訳した訳文を、第三者のチェッカーがチェックして納品しています。そこまでが1セットになっています。

担当翻訳者によるセルフチェックのみで、チェッカーによるチェックがない場合は、その分を安くすることが出来ます。途中工程が減りますので、納品スピードも当然速くなります。

品質はそれほど重要ではなく、あくまでコストとスピード重視という場合は、一度翻訳会社に言ってみるといいかもしれません。

 

品質重視をしたいという方には

翻訳会社の評価

初めて、翻訳を依頼をする場合には、相手(翻訳会社)のことがよく分かりませんから、やはり第三者からの評価を参考にするしかありません。そこは、買い物をする際に、ユーザーレビューを参考するのと何ら変わりはありません。また、翻訳会社も、サイトに様々なページを用意していますので、一度そうしたページに目を通してみるとよいでしょう。

 

  • 取引実績
  • お客様の声
  • 第三者機関による調査
  • FAQ 等々
    もしよろしければ、参考までに、WIPジャパンのページをご覧ください。
  1. 主なお客さま
  2. 翻訳実績(Web媒体)
  3. お客さまの声(翻訳)

比較、ランキング、おすすめサイト

検索エンジンで『翻訳会社』というキーワードで検索すると、他の業界と同様に、【おすすめ●●社】などの表記で、多くの比較ランキング、おすすめサイトが、上位に表示されてきます。

翻訳会社というキーワードでGoogle検索した結果

 

純粋な第三者からの評価とは言い難い部分もありますが、Google検索で上位に表示されている以上、Googleに有益な情報ページとして認められたということですから、でたらめということはありませんし、参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

2021年12月現在、『翻訳会社』というキーワードで検索して上位に表示されるおすすめサイト

東京都のおすすめ翻訳会社8選 - アイミツ

翻訳会社一覧まとめ

【22社比較】東京都の翻訳会社おすすめランキング!サービスを徹底比較

 

相見積りサイト

やはり、他の業界と同様に、相見積りサイトも存在しています。翻訳会社というカテゴリーに対応している相見積もりサイトとしては、アイミツEMEAO!などがありますので、そちらを利用されるかは別として、掲載されている翻訳会社を参考にしてみるのもよいかもしれません。

 

特定の分野に特化した翻訳会社

医学や法律、経済・金融などの分野にこうした特定分野専門の翻訳会社が多く見られます。

とりわけ、学会に提出するような学術論文、特許関連の翻訳などは、こうした特定の専門分野に特化した翻訳会社に頼んだほうがよいかもしれません。

 

出版翻訳や映像翻訳、吹き替えといった分野もまた専門の翻訳会社のほうが手馴れていると言えるでしょう。

ただ、最近では、YouTube動画の字幕用など、低価格での動画翻訳もありますので、用途と予算に応じて、使い分けてみてはいかがでしょうか。

 

    AI翻訳の詳細記事は、下記をご覧ください。
  1. 動画を字幕翻訳する前に知っておきたい!字幕翻訳のメリット、料金相場とは?
  2. ワンストップで利用できる動画字幕翻訳サービス

コンテンツの制作も請け負う翻訳会社

レイアウトされている原稿を送った場合でも、翻訳会社の見積りには、原則レイアウト等の料金は含まれていません。翻訳のみのお見積りであり、レイアウトは別途費用になることがほとんどです。

 

中には、DTP(デザイン・レイアウト・組版など)で印刷用のデータ形式で納品出来る会社もあります。ウェブサイト制作の場合、HTML・CSSのコーディングによるデザイン・レイアウトの作成のほか、データベースシステムの構築などを請け負う翻訳会社もありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

    DTP翻訳の関連記事は、下記をご覧ください。
  1. InDesignで作成したドキュメントを翻訳したい方へ(Trados編)
  2. InDesignで作成したドキュメントを翻訳したい方へ(Memsource編)

ホームページ制作まで請け負っている翻訳会社もあります。ホームページ制作会社の依頼・相談・比較が出来るサイトでWeb幹事などで、そうした会社を探すことも出来ます。

【多言語翻訳】おすすめの翻訳サービス12選を比較

 

映像翻訳を専門とする翻訳会社

先ほども触れましたが、映像翻訳は通常の翻訳と異なり、若干特殊な分野となります。テキストの原稿が存在せずに動画しかない場合、音声を聞いて文字を起こすところからはじまりますので、経験がある翻訳会社か、専門の翻訳会社に頼んだほうがよいでしょう。

 

    映像翻訳に関する記事は、下記をご覧ください。
  1. 動画を字幕翻訳する前に知っておきたい!字幕翻訳のメリット、料金相場とは?
  2. WIPジャパンの動画字幕翻訳サービスについては、下記をご覧ください。
  3. ワンストップで利用できる動画字幕翻訳サービス

すぐに探せるインデックス

追記等、更新の予定です。

    日本翻訳連盟(JTF)のリストから探す
  1. 日本翻訳連盟(JTF)の翻訳会社リスト
  2. ISOとPマークの両方を取得している翻訳会社の検索結果
  3. ISOを取得している翻訳会社の検索結果
  4. Pマークを取得している翻訳会社の検索結果
    AI翻訳(無料)
  1. Google翻訳
  2. DeepL翻訳
    翻訳専用のクラウドソーシング
  1. 「訳す」1,000円無料お試しページ
    1. クラウドソーシング
    2. クラウドワークスの特急翻訳・専門翻訳
    ランサーズの翻訳・通訳サービス ランサーズの翻訳・通訳サービス
  1. – 英語翻訳・英文翻訳
  2. – 中国語翻訳
  3. – 韓国語翻訳
  4. – フランス語翻訳
  5. – スペイン語翻訳
  6. – ドイツ語翻訳
  7. – その他翻訳
  8. – 映像翻訳・出版翻訳・メディア翻訳
    比較、ランキング、おすすめサイトなど
  1. 東京都のおすすめ翻訳会社8選 - アイミツ
  2. 翻訳会社一覧まとめ
  3. 【22社比較】東京都の翻訳会社おすすめランキング!サービスを徹底比較
  4. 【多言語翻訳】おすすめの翻訳サービス12選を比較
    相見積もりサイト
  1. アイミツの翻訳会社検索
  2. EMEAO!の翻訳会社検索

関連記事

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • pocket
  • はてな

翻訳会社を選ぶおすすめの依頼方法:失敗しない10のキホン

WIPの翻訳をつくるサービスはこちら