• Twitter
  • facebook
  • LINE
  • pocket
  • はてな
2020.Jul.01

翻訳会社に依頼するメリットは?どう探すのか?

1. 翻訳会社になぜ依頼するのか
1-1. 翻訳会社とは何か?
1-2. 翻訳会社は何を請け負うのか?
1-3. どんな場面で翻訳事業者を利用するのか?
1-4. 翻訳エージェンシーに依頼するメリットは?
1-5. 翻訳エージェンシーに依頼するデメリットは?
1-6. 翻訳事業者に依頼しなくても、無料機械翻訳で間に合うのでは?
1-7. 社内の語学のできる人で間に合うのでは?

2. 翻訳会社の探しかた
2-1. 検索エンジンで翻訳エージェントを検索する
2-2. ウェブ検索で翻訳業者を検索するコツ
2-3. 使って翻訳会社を探す
2-4. 電話帳を利用して翻訳エージェンシーを探す
2-5. 口コミサイトを参照して評判のよい翻訳事業者を探す
2-6. 雑誌の記事やウェブサイトのコラムなどから翻訳会社を見つける
2-7. 翻訳関連の雑誌広告を手掛かりに翻訳エージェンシーを探す
2-8. 翻訳に関連する書籍の執筆者を翻訳エージェントの候補にする
2-9. フリーランスの翻訳者に依頼する

3. タイプ別に見る翻訳会社
3-1. 特定分野に特化した翻訳会社
3-2. 幅広い分野の翻訳に対応する翻訳会社
3-3. 特定の表現媒体に特化した翻訳事業者
3-4. さまざまな媒体に対応している翻訳事業者
3-5. 映像翻訳を専門とする翻訳エージェンシー
3-6. コンテンツの制作も請け負う翻訳業者
3-7. 企画・制作も請け負う翻訳事業者を探すコツ
3-8. 格安翻訳サービスはあるか?
3-9. 24時間対応のクラウド翻訳

1. 翻訳会社になぜ依頼するのか

1-1. 翻訳会社とは何か?

 

翻訳会社は、その名の通り「翻訳」を手がける事業者です。「翻訳」は、三省堂国語辞典(第二版)によれば、「ある言語で表現されている文を、他の言語になおして表現すること」と定義されています。ここには当然、伝えたい内容を維持し、正しく伝達するということが含まれます。


翻訳会社は、言語の垣根を越えて正しく伝達する、あるいは円滑にコミュニケーションするための手助け役のプロということができるでしょう。

 

1-2. 翻訳会社は何を請け負うのか?

 

一般論として言えば、「翻訳会社」は翻訳に関する業務を扱う事業者なので、翻訳に関する物事全般を引き受けてくれます。ただ、一口に翻訳と言っても、その専門分野や表現形式さまざまです。翻訳会社も、各社それぞれ得意とする分野や形態を持っています。

実際に翻訳を依頼する際には、依頼したい案件の分野や形式にもとづき、その扱いを得意とする事業者を見つけ出すことが重要となるでしょう。

 

1-3. どんな場面で翻訳事業者を利用するのか?

 

翻訳会社が必要となる主要な場面は次のように分類できます、第一に、内部的人材による作業では希望する水準の翻訳が適切な期限では実現できない場合、第二に、内部的人材による作業よりも低コストになる場合、第三に、特殊なスキルが必要となる場合などです。

英語を読み書きできる人、いまどき珍しくはないかもしれませんが、自国語と同レベルまで外国語を操り、細かいニュアンスや専門用語を訳出できる人はまだまだ稀といえるでしょう。そのような希少な人材に何でもかんでも翻訳案件を任せられるかというと、それもまた難しい話です。より程度の低い・重要性の低い文書の翻訳となると、なおさらそのような希少な人材に作業させるわけにはいきません。

 

1-4. 翻訳エージェンシーに依頼するメリットは?

 

翻訳会社に翻訳を依頼するメリットは、一言でまとめてしまえば、翻訳の専門家に委ねられるということです。つまり、翻訳に関する知識やノウハウ、翻訳業務に付帯する事項などを、あらかじめ備えた状態であるということです。

分野によっては短期間に訳語が変遷する場合があります。また業界の動向や、外国文化の背景に関する知識がなくては適切な訳出が困難な場合もありえます。一概に翻訳といっても、高品質な翻訳文書を作成するには、さまざまな要素を考慮しなくてはなりません。そうした面をまるごと任せてしまえるのが、翻訳会社に依頼できるメリットといえます。

 

1-5. 翻訳エージェンシーに依頼するデメリットは?

 

翻訳会社に翻訳を依頼する場合と、自社内でなんとか翻訳を行う場合とを比較した場合に、翻訳会社に依頼しない方がよかったという場合がないわけではありません。

例えば、翻訳会社への翻訳依頼は外注なので、内部事情との齟齬が生じやすいという点を挙げることができます。 文書の外国語訳を依頼した場合に、訳文の調子が意図としたニュアンスと異なっていたり、外国語のマニュアルの自国語への翻訳を依頼した場合に、訳語の違いから理解が阻害されたりといった場合も考えられます。

上の二例は翻訳会社と十分にコミュニケーションを取り、翻訳内容のすり合わせを行うことで、解消できる性質のものです。あるいは、翻訳する案件の数や規模、特殊性が一定程度を超えた場合には、社内で翻訳する体制を築く方がメリットが出てくる場合もあるでしょう。

 

1-6. 翻訳事業者に依頼しなくても、無料機械翻訳で間に合うのでは?

 

機械翻訳とは、プログラミングによって(その名の通り機械的に)翻訳を行うシステムです。インターネット上にて無料で利用できるサービスも数多くあります。それではわざわざ代金を支払って、翻訳を依頼する必要はないのではないか、というと、そうとは言えません。

我々が普段話している自然言語は非常に複雑で、しかも決して恒常普遍ではありません。さまざまな文化的歴史的背景を持ち、多くの例外を持ち、地域差を持ち、さらに言葉の意味や使い方は常に変化しています。翻訳の場合は、言語によって言い回しが通用せず、意訳が必要な場合もあり、業界によっては対応する専門用語が時代によって異なる場合もあります。

そのため、機械翻訳では文書を完璧に翻訳することはまだまだ困難な状況といえます。少なくとも日本語と英語の翻訳に関して言えば、機械翻訳で事足りるようになるのは、もうしばらく先であると言えるでしょう。

また、翻訳の目的によって文体や訳語、書式、文章のニュアンスなどを適切に選択するといったことも、人間のしかもプロでなければこなせない技といえます。

 

1-7. 社内の語学のできる人で間に合うのでは?

 

一言で言えば「餅は餅屋」です。翻訳が業務に不可欠であり、翻訳作業を効率的に進めるための体制・専門部隊を築いている場合などは別ですが、基本的には専門家に任せたほうがハイパフォーマンスと言えます。

また、海外の映画を邦訳する場合のように、特殊な技術が必要になる場合、翻訳兼ナレーター役の人材を要する場合などは、翻訳の専門家である翻訳会社の出番となるでしょう。

 

>> 翻訳の料金や単価はどのように決まるの?相場はどれくらい?

>> 翻訳の無料見積りを試してみる

 

 

 

2. 翻訳会社の探しかた

2-1. 検索エンジンで翻訳エージェントを検索する

 

検索エンジンは今や翻訳会社を探す手段として最も手軽で汎用性が高いやり方でしょう。検索エンジンで多く検索されているキーワードは、多くの翻訳会社がテキスト広告を出稿しているため、どのような翻訳会社があるのかを手軽に知ることができます。

注意点として、検索エンジンでより目立つ位置に表示されることと、品質の高さは、必ずしも一致・比例するとは限らない場合があります。個別のサービスをよく吟味し、必要に応じて問い合わせるなどして検討を重ねる必要があります。

 

2-2. ウェブ検索で翻訳業者を検索するコツ

 

ウェブ検索に限ったことではありませんが、検索を行う際には、より一般的・汎用的なキーワードと、特徴的なキーワードの両方を手がかりとして検索することが効率化のためのコツとなります。

翻訳会社を検索しやすいキーワードの例としては、第一に「翻訳会社」を挙げることができます。その他、「翻訳業者」「翻訳 業者」「翻訳 依頼」「翻訳 外注」「翻訳 代行」などのキーワードも比較的多く検索に用いられています。

特徴的なキーワードの例としては、文書のタイプや専門分野と組み合わせて「医薬 翻訳」や「学術論文 翻訳」などと検索することも効果的です。

 

2-3. ディレクトリサービスを使って翻訳会社を探す

 

ウェブ検索エンジンの他に、翻訳を専門とするディレクトリサービスを利用する手段もあります。ウェブ検索エンジンの場合は翻訳スクールのウェブサイトや関連書籍などのような情報が混入しがちですが、ディレクトリサービスは人的に分類整理された項目リストであるため、あらかじめ内容のそぐわない情報が除かれている強みがあります。

翻訳会社を探すディレクトリサービスとしては「翻訳者ディレクトリ」(translator.jp)や、翻訳者コミュニティ「proz.com」内の翻訳者・翻訳会社検索サービスなどが比較的よく知られています。
また、日本翻訳連盟ウェブサイト(jtf.jp)内の翻訳会社リストも一覧性が高く使いやすさがあります。


翻訳者ディレクトリ
http://www.translator.jp/
ProZ プロの翻訳者または通訳者を検索
http://jpn.proz.com/
一般社団法人日本翻訳連盟
http://www.jtf.jp/

 

2-4. 電話帳を利用して翻訳エージェンシーを探す

 

電話帳で探す方法はアナログ的ですが効果的です。紙を手繰って探す方法はキーボード入力とはまた別種の発見や出会いがあるものです。ただ、インターネット上の情報と比べると、情報の総量や新鮮さなどの面において分が悪い面もあるかもしれません。

最近では「iタウンページ」などウェブ上で電話帳を検索できるサービスもあります。 電話帳で、ここだ、と思う事業者を見つけたら、会社名などでウェブ検索を行い確認すると効率的でしょう。

 

2-5. 口コミサイトを参照して評判のよい翻訳事業者を探す

 

翻訳会社を対象にした口コミ情報を参照することはあまり容易とはいえません。少なくとも、レストラン、家電製品、化粧品などのような本格的な口コミサイトの存在が期待できません。

「Yahoo! 知恵袋」や「OKWave」のような大手のQ&Aサービスは、さまざまな分野を総合的に扱っているので、翻訳や翻訳会社に関連するQ&Aも含まれ得ます。回答者はそれぞれ消費者・利用者の視点で回答しますので、口コミ情報として参考にできるかもしれません。ただし、あくまで主観を根拠とする情報であることや、公平性が担保されていない情報であることなどには留意しておく必要があるでしょう。

 

2-6. 雑誌の記事やウェブサイトのコラムなどから翻訳会社を見つける

 

翻訳関連の専門誌や専門ウェブサイトなどでは、翻訳会社の取り組みを紹介する記事を掲載していることがよくあります。こういった記事は、翻訳会社の業界の動向や傾向を知りつつ、翻訳会社の特徴的取り組みを知るのに最適です。

雑誌の紹介記事だけで、その翻訳会社に翻訳を依頼しようと決めることは難しいかもしれませんが、どこに頼めばよいのか全く分からないという場合などに、取っ掛かりの一つになるのではないでしょうか。

なお、日本翻訳連盟では翻訳関連の主な雑誌・ムック本をウェブサイト上で紹介してます。
http://www.jtf.jp/jp/tool_link/book.html

 

2-7. 翻訳関連の雑誌広告を手掛かりに翻訳エージェンシーを探す

 

書店で売られている翻訳関連の専門誌に掲載されている広告を手掛かりにする手もあります。雑誌内の広告は情報がまとまっていてわかりやすい点などが強みです。

その反面、探して検討する対象が少数に限られる点が弱みとなり得ます。小規模な翻訳事務所を見つけたり複数の翻訳会社を比較したりする点では不得意さがあるといえるかもしれません。

 

2-8. 翻訳に関連する書籍の執筆者を翻訳エージェントの候補にする

 

英語関連の書籍や翻訳書には、執筆・編集者として書籍の製作に携わった翻訳者・翻訳会社のクレジットが記載される場合があります。

書籍を読んでこの翻訳は洗練されているなあと感心したことをきっかけに、その翻訳会社に翻訳案件を依頼する、という流れも考えられます。専門分野の翻訳などで常にパートナーを探している、といった人は、書籍の著者名欄などにも注目するとよいかもしれません。

 

2-9. フリーランスの翻訳者に依頼する

 

翻訳会社に直接所属せず、個人事業主として翻訳業務を行うフリーランスの翻訳者も存在します。フリーランスの翻訳者といっても、翻訳会社に登録して翻訳案件の仲介を得ている場合が多いのですが、最近では翻訳依頼マッチングサービス、いわゆるソーシャル翻訳などのサービスを通じて直接翻訳者の依頼することもできます。

ソーシャル翻訳サービスなどにおける翻訳者は、サービスにもよりますが、本業を他に持ったセミプロの翻訳者であることがあります。また、サービスの特徴として、翻訳結果の校正は省かれています。品質についての過信や過度の期待は危険といえます。もっとも、フリーランスの翻訳者の中にも特定の専門分野を得意とし、高いパフォーマンスを発揮する人はいます。

しっかりとした翻訳文章が必要であるなら、翻訳業務の仕組みによって一定水準以上の品質を確保している翻訳会社がやはり安心できるといえます。

 

 

3. タイプ別に見る翻訳会社

3-1. 特定分野に特化した翻訳会社

 

翻訳会社の中には、ある特定の専門分野の翻訳を得意とし、特化しているものもあります。とりわけ医学や法律、経済・金融などの分野にこうした特定分野専門の翻訳会社が多く見られます。

医学分野であれば学会への論文提出、法律関連であれば特許などの書類作成などが主要な翻訳需要と一つとなります。文書に厳密性が要求され、加えて業界内の情報の更新速度・移り変わりが非常に早いといった点を共通点として挙げることができます。

翻訳者も自ら得意とする専門分野を日々怠りなく勉強し、対応する訳語が変わったり新しい用語や概念が登場したりといった変化に対応しています。

また、映画の字幕翻訳やドキュメンタリー番組のテロップなども専門分野に特化した翻訳と言うことができます。こうしたジャンルも、メディアの特性を前提として、字数の制限や瞬時に理解できる言葉の選定など、様々特殊な条件のもとに翻訳を行う専門家の仕事です。

 

3-2. 幅広い分野の翻訳に対応する翻訳会社

 

医学や金融などの業種については、その分野に特化した翻訳会社もありますが、他の多くの産業分野に関しては、幅広い分野を扱う翻訳会社により手広く対応されている場合も多いといえます。

こうした翻訳会社にはさまざまなタイプの翻訳者が登録・在籍していて、それぞれ得意とする専門分野を持っており、さらに「コーディネーター」と呼ばれる役柄の人が、顧客の需要と文書内容に応じて翻訳者を見立ててくれます。

オールジャンルOKな翻訳会社でも、特定ジャンルの高度に専門的な翻訳は受付対象外としている場合も考えられるので、事前に翻訳文書の分野や専門性を大まかに伝え、対応可能かどうかを確認するとよいでしょう。

 

3-3. 特定の表現媒体に特化した翻訳事業者

 

媒体に特殊性がある分野、例えば出版翻訳や映像翻訳、吹き替えといった分野では、その媒体に特化した翻訳会社があります。特殊な機材が必要な場合などは、こうした特定分野に特化した翻訳会社を探すことになります。

多くの場合は、専業ならではの豊富なノウハウの蓄積や、関連する業界に関する豊富な知識や情報などが特化型翻訳会社の強みになります。いわば、幅広さよりも深さを突き詰めたタイプということができます。

特定の媒体が得意、という翻訳会社は多くありますが、逆に「特定の媒体しか取り扱わない」という翻訳会社はあまり多くありません。一般的な文書の翻訳も手がけながら、特殊な案件も得意、といったスタンスが多いといえるでしょう。そのため、翻訳会社を探す場合に特定の媒体を「専門とする」といった条件で探すことは、得策でない場合も多いといえます。

 

3-4. さまざまな媒体に対応している翻訳事業者

 

特定分野の翻訳では、翻訳を行う環境や特殊なノウハウが必要になります。例えば、音声吹き替えでは録音スタジオが必要になります。こうした場合は、提携する録音スタジオを持った特化型の翻訳会社に依頼するとスムーズに進むといえるでしょう。

とはいえ、ある媒体に特化した翻訳会社でなければ、こうした翻訳案件ができない、というわけではありません。場合に応じて設備・機材を手配するなど、さまざまな手を講じて翻訳案件を実現してくれる翻訳会社も多くあります。

表立ってアピールしていなくても、実際には対応できる、という場合もあるので、必ずしも媒体だけにとらわれず、諸条件を顧慮して翻訳会社の候補を選んだ後に問い合わせるといった選定の流れを取ることも、有効な場合があるでしょう。

 

3-5. 映像翻訳を専門とする翻訳エージェンシー

 

映像翻訳や出版、同時通訳といった翻訳のジャンルは、そのメディアの性質により、翻訳の内容が他の翻訳業務とは大きく異なります。そのため、翻訳者・翻訳会社の中でも特に特化しやすいジャンルといえます。

映像翻訳は映画やテレビといった映像作品をメインとする翻訳であり、映像は時間と共に流れていくため、一定の表示時間で十分に読める程度の文章量であることや、容易に理解できる言葉を紡ぐといった技術が必要とされます。映像がメインですから、翻訳文は映像の邪魔をしてはならず、映像の端で読める程度の文章であることが要求されます。

出版における翻訳は本の分野や内容にも大きく左右されますが、文学作品などの場合は原文の雰囲気や叙情性をいかに保ったまま翻訳するかといった点も重要な要素になります。文学作品は翻訳後の文章の文学性も問われるわけですから、訳者の名前が重視される傾向がとりわけ強いのも納得のいくことでしょう。

 

3-6. コンテンツの制作も請け負う翻訳業者

 

印刷物、申請書、ウェブサイトといった媒体は、文書の内容もさることながら文書を載せる媒体の制作にも少なからぬ知識やノウハウが必要となります。翻訳会社のなかには、こうした媒体制作を翻訳と同時に請け負ってくれるところもあります。

例えば出版物の制作では、DTP(デザイン・レイアウト・組版など)を含めた翻訳文書の作成に対応している翻訳会社に依頼すれば、納品段階でデータがすでに印刷物としての体裁まで整っている、といったことが可能です。

ウェブサイトの制作の場合、HTML・CSSのコーディングによるデザイン・レイアウトの作成のほか、データベースシステムの構築などを請け負う翻訳会社もあります。また、こうした媒体制作に携わる翻訳会社は、多くの場合企画・提案も得意です。

翻訳とは別に媒体の制作も外注する場合、翻訳会社に同時に任せてしまうことを検討してみると良いかもしれません。

 

3-7. 企画・制作も請け負う翻訳事業者を探すコツ

 

ウェブ検索エンジンで印刷物やウェブサイトなどの企画・制作に対応する翻訳会社を探す場合、「翻訳」などのキーワードと書籍やウェブサイトに関するキーワードを組み合わせるのが一般的ですが、探したい対象が的確にヒットするようにキーワードを選ぶにはコツがいります。

例えば、書籍の出版にあたり翻訳を依頼したい場合、「印刷」や「DTP」のような、制作プロセスに直結するキーワードを使用して検索するのがミソといえます。「翻訳 書籍」や「翻訳 出版」などのキーワードで検索した場合、翻訳業や翻訳技術に関する書籍、出版翻訳の分野で翻訳者になりたい人向けの情報などが検索にヒットしてしまいます。

同じくウェブサイト制作の場合、単に「ウェブサイト」で検索すると、無料の機械翻訳サービスや翻訳ソフトウェアの紹介ページなどが混ざってきますので、例えば「ホームページ制作」や「ウェブサイト構築」などのように、制作に関するキーワードを含めると検索結果を絞ることができます。

 

3-8. 格安翻訳サービスはあるか?

 

翻訳会社によっては他の翻訳会社よりも低価格で翻訳サービスを提供しているところもあります。そうした企業の多くは、翻訳者のすきま時間を徹底管理することで低価格を実現したり、リライトや校正などの工程を省くことで料金を低く抑えていたりします。

一般論としては、高度で専門性の高い文章を翻訳する場合は、どうしても一定水準のコストがかかります。品質とコストを秤にかけて、安ければOKか、あるいはどの程度の安さでどの程度の品質ならOKなのか、といった見極めが必要になってくるでしょう。

 

3-9. 24時間対応のクラウド翻訳

 

いわゆる「翻訳会社」の大半は、一般的企業ですので、1日の中で、営業時間内で営業しています。問合せ窓口からの相談や見積り依頼はいつでも受け付け可能ですが、基本的には営業時間外の問合せは翌営業日の対応となります。

最近ではインターネットの利点を活かして世界中の翻訳者と翻訳案件のマッチングを行うサービスが登場しています。このサービスは時差を利用して対応可能であるため、事実上ほぼ24時間対応が実現されています。発注後、条件に合った翻訳者が見つかればすぐ翻訳に着手、翻訳完了後に納品、といった流れが可能です。こうしたサービスは多く「クラウド翻訳」と呼ばれています。

訳す(YAQS)
https://www.yaqs.co.jp/

 

 

 

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
  • pocket
  • はてな
WIPの翻訳をつくるサービスはこちら