<img src="https://trc.taboola.com/1341089/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

プレスリリース

WIPジャパンは令和4年度「JAPANブランド育成支援等事業」における支援パートナーに選定されました

2022.06.22

 


 

多言語ビジネス支援のWIP(ウィップ)ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役:上田輝彦、以下WIPジャパン)は引き続き、中小企業庁が実施する令和4年度「JAPANブランド育成支援等事業」の支援パートナーに選定されました。

これにより、全国の中小企業をはじめとする補助対象事業者は、当社のサービスを活用して海外進出事業を展開することができます。

 

 

JAPANブランド育成支援等事業について

britt-gaiser-hSAlu33padA-unsplash海外展開を目指す中小企業等に対して、中小企業庁が1社あたり500万円以内(下限200万円)最大4社2,000万円までの補助金をサポートする事業です。中小企業者が、優れた素材や技術等を活かした製品やサービスを新たに展開を目指そうとする国等に関する市場調査、専門家招聘、新商品・サービス・デザイン開発、展示会出展等を実施することにより、その商品力・ブランド力の確立や販路開拓を目的に行う施策に対して支援を受けることが可能となります。

※原則、複数者による連携体の場合、1社ごとに500万円上限額を嵩上げし、最大4社で2,000万円までの上限額となります。

支援パートナーは

①これまで海外展開・国内展開に成功した支援実績があること
②具体的な支援ツールを持っていること
③財務基盤が安定していること

などの基準で中小企業庁により選定されており、「JAPANブランド育成支援等事業費補助金」はこの支援パートナーの中からいずれかを選んで申請することが必須となります。

WIPは、「調べながら売る」「現地の誰と組むかが大事」をモットーに、特に現地のバイヤー・協業パートナー探索現地向け輸出で必要な規制関連の調査に圧倒的な強みがあります。海外営業・海外販路拡大のご相談は今すぐWIPジャパンにどうぞ。

 

WIPの海外リサーチ 海外リサーチの問合せ

WIPジャパンは、中小企業庁や他のパートナー企業と連携して、今後も引き続き中小企業のグローバル化支援を推進していきます。

 

 

20220620_174622

 

WIPジャパンについて

1995年に、「もっと理解しあえる世界をつくりたい」を理念として創業。世界400以上の都市に拡がるネットワークを活用し、官公庁・地方自治体・国内外有力企業・調査研究機関など約8,000社(2021年2月現在)の顧客に、高度な多言語運用力が必要とされるサービスを提供し続けています。

 

本件に関するお問い合わせ先

WIPジャパン株式会社 http://japan.wipgroup.com
担当:坂井 岳志
Tel.
03-3230-8000FAX03-3230-8050
e-mail
info@wipgroup.com