ニュースレター

売上の1%を多言語化に。
日本語以外の市場に挑戦する企業を応援するニュースレター

TMG
(Think More Globally)
2019年5月号

絶滅しそうな言語、絶滅した言語

 

「ボハーントィーアハト」(アイルランド語)

気晴らしや噂話をするために訪問すること

話者人口:35万人(アイルランド)

母の日にどんな言葉を贈りますか

mothers-day

令和を迎えた今月12日は母の日。1907年米国のウェストバージニア州で、お母さんの命日に白いカーネーションを墓前に供え、道行く人々に配ったのが始まり。母が健在ならば赤いカーネーションということになっていますが、今日では他の花やプレゼントも贈られています。それも素敵な贈り物ですが、親の一番の楽しみは子供の声を聞くことではないでしょうか。昭和・平成を振り返ってそれぞれの思いを素直な言葉で伝えることができる日。そんな風にこの日を迎えてはいかがでしょう。今年はどんな言葉を贈りますか?

BOOK Review:「統計でウソをつく法」(ダレル・ハフ著)

book政府・官公庁・マスコミ・学者等による統計を使った調査。日々たくさん発表されていますが、実は往々にして様々な誇張や偏り(バイアス)が秘かに紛れ込んでいます。ロングセラーの本書は「平均値・中央値・最頻値」「相関と因果の違い」「図・グラフによる誇張表現」「人は忘れやすく時々本当のことを言わない」「母集団の偏り」など、具体例を示しながら「統計のウソ」を見破る5つのコツを伝授しています。数式を使わないので文系の方にもおすすめです。

ビジネスを多言語化する5つの翻訳手法とは?

post-edit

(その4) ポストエディット


「ポストエディット」とは、機械翻訳で処理した訳文をネイティブチェッカーが自然な表現へと編集する翻訳サービスを指します。原文を参照せず作業するため、他の翻訳手法に比べて品質が不安定ですが、コストを重視する場合におすすめします。なお、Google翻訳などのAI翻訳は短文では進歩していますが、少しでも文章が長くなると品質が悪くなります。トラブルの元になりますのでAI翻訳の訳文をそのままWebサイトなどに掲載するのは避けたほうが良いと思います。

 

英日翻訳におすすめの書籍 10選

enjp-translation

以前「日英翻訳」に関する推薦書籍をご紹介させていただきましたが、今月は「英日翻訳」つまり英語から日本語への翻訳に関する書籍です。翻訳者を目指す人はもちろん、ビジネスで英日翻訳に関する業務に携わっている方、英語や翻訳に興味がある方へ。「翻訳夜話」「英語の発想」「しぐさの英語表現辞典」「英文翻訳術」「日本人なら必ず誤訳する英文」「翻訳スキルハンドブック」等、プロの翻訳者が厳選したおすすめの書籍をご紹介しています。
https://japan.wipgroup.com/media/enjp-translation

WIPの翻訳をつくるサービスはこちら