2018年上場企業225社 Web多言語対応調査 e-book

e-book表紙.jpg

Webサイトの多言語化ってどうしてるの?


というご質問にお答えするべく、日本の
上場企業225社のWeb多言語対応状況を調査したe-bookを作成しました。

今後、日本語人口の縮小、さらなる海外へのアウトバウンド展開、訪日外国人観光客(インバウンド)の急増、こうしたトレンドを背景に、日本語以外の顧客開拓・マーケティング・海外投資家向け情報発信など、ウェブサイトの多言語化が求められています。

各上場企業企業のWeb担当者、広報・宣伝、IR関連の部門担当者に役立つ情報となるようまとめましたので、ぜひご一読の上、活用いただけますと幸いです。

内容:
全業種、業界別、各企業別のWebサイト分析
・各社の対応言語数
・日本語サイトと外国語サイトの同期状況
・コンテンツの多言語化状況
・ドメイン対応

(計328ページ) 2018年3月発刊

お申込みはこちらから