<img src="https://trc.taboola.com/1341089/log/3/unip?en=page_view" width="0" height="0" style="display:none">

Think More Globally

コロナに負けない。
世界に挑戦する企業を応援するニュースレター

WIPのニュースレター:Think More Globally (TMG) 2021年3月号

つらい時に読みたい世界の名言

いま何がないかより、いま何があるかで発想しよう。 

斎藤茂太 1916/3/21~2006/11/20

翻訳の国際規格認証を取得しました!

image-png-Feb-17-2021-10-57-51-72-AMWIPジャパンはこのたび翻訳サービスの国際規格であるISO17100認証を取得しました。

ISO17100とは、品質の高い翻訳サービスに必要とされる基本プロセス、人的・技術的リソース管理等についての要求事項を定めた国際規格です。認証内容は以下の通りです。

対象事業所:東京オフィス、大阪オフィス
対象言語:日英、英日
対象翻訳分野:
A分野:契約・法務・財務・経営
B分野:医療・医薬品・医療機器
C分野:製造・工業・IT・ゲーム
E分野:その他(行政・観光・インバウンド関連)

今後、WIPはポストエディット(機械翻訳処理後の訳文編集)の国際規格ISO18587にも対応できる体制を整備し、AI翻訳(機械翻訳)と人力翻訳の融合を図っていきます。

高品質の翻訳であなたのビジネスを外国語化すれば、新たな収入源が生まれ、競争力が高まります。

訳しにくい英語・日本語(其の一)

img-017ナミビアやタンザニアの狩猟採集民には「不眠」や「寝不足」といった感覚がなく、認知もされず、意味づけもなされていないので、それらに対応する言葉は存在しません。

「感覚がないので言葉もない」というのは、改めて考えると当然のことなのですが、日々同じ言語だけを使っているとなかなか意識しないことではないでしょうか。

ところで、翻訳の仕事をしていると、その感覚がないために日本語に訳しにくい英語と出会うことがあります。今回、訳しにくい英語として「engagement」「accountability」「commitment」「philosophy」を採り上げました。

詳しくはこちら → https://japan.wipgroup.com/media/hard_to_translate1

Book Review:「君主論」マキャヴェリ

君主論-jpg戦国時代のイタリア。フィレンツェ共和国の外交官であった著者は、激しく移り変わる世の中で、君主とはどうあるべきか、をリアリストの立場から説いたのが本書です。

君主は、綺麗ごとだけではダメ、冷徹に人間の邪悪さを正視し、人の善意に頼らず、人からの評価を気にせず、時には裏切ってでも結果を出すべきだと。諸外国を訪問しながら見聞きした各国政治家や歴史上の人物の中から、権謀術数に長けた教皇軍総司令官チェーザレ・ボルジア(1475~1507)こそ理想の君主だと述べています。

今月12日はそのチェーザレ・ボルジアの逝去日。当時、国や人間の運命は神が支配していると考えられていました。しかし運命の半分ぐらいは自分たちで支配できる、そのためには、現実を直視してあきらめずに自分の運命を切り拓け、というマキャヴェリの熱いメッセージだと理解すると本書はきっと面白くなります。

WIPの翻訳をつくるサービスはこちら