プレスリリース

訪日前から帰国後まで、各シーンの施策がワンストップでわかる

2015.09.07

WIPジャパン、「訪日外国人客向け多言語インバウンドサービスページ」を新設

多言語ビジネス支援のWIP(ウィップ)ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:上田輝彦・福良雄、以下WIPジャパン)は9月7日(月)、インバウンド施策を網羅した「訪日外国人客向け多言語インバウンドサービスページ」(http://japan.wipgroup.com/inbound/)を新設しました。

press_01

【新設ページの特徴】
■ 訪日前・移動中・訪日中・帰国後の各シーンに必要な施策項目が一覧できる
■ 事例を紹介しており、ユーザーが自身のアクションを具体的にイメージしやすい

訪日外国人が予想を上回る数を記録している一方、商業施設や飲食店、レジャー・観光施設、宿泊施設などは目の前の対応に追われ、戦略的な施策ができていないことが多く見られます。

WIPジャパンの顧客を分析すると、自社の製品・サービスをどのシーンでどのように提供するかを明確にしていることが持続的な業績向上に結びついています。そこで、WIPジャパンでは、訪日前・移動中・訪日中・帰国後のシーン別でそれぞれ必要な施策を網羅的に紹介するページを新設、施策項目を挙げるだけではなく、事例も紹介し、具体的なアクションをイメージしやすくしました。

今後も、各施策の詳細紹介や事例紹介などのコンテンツを随時拡充していく予定です。

【新設ページ情報】
■ ページ名称:訪日外国人客向け多言語インバウンドサービスページ
■ URL:http://japan.wipgroup.com/inbound/

以上


<<参考資料>>

【「訪日外国人客向け多言語インバウンドサービスページ」の特徴】
■ シーン別に施策項目を網羅

 press_03

  
■ 事例紹介でアクションを具体的にイメージできる

 press_02

WIPジャパンについて
1995年に、「もっと理解しあえる世界をつくりたい」を理念として創業。世界400以上の都市に拡がるネットワークを活用し、官公庁・地方自治体・国内外有力企業・調査研究機関など約7,000(2019年3月現在)の顧客に、高度な多言語運用力が必要とされるサービスを提供し続けています。
本件に関するお問い合わせ先
WIPジャパン株式会社 http://japan.wipgroup.com
広報担当:高橋啓太(Keita Takahashi)
Tel.:03-3230-8000/FAX:03-3230-8050
e-mail:k-takahashi@wipgroup.com