職場体験の受け入れ

松原市立松原第五中学校の生徒さんの一日職場体験

受入れ校
松原市立松原第五中学校
実施日時
2008年10月30日(木)10:00~18:30
受入れ人数
1名

大阪オフィスにて松原市立松原第五中学校2年生1名の職場体験を受け入れました。

スケジュール

9:45
来社
9:45~10:30
日程説明
10:30~10:45
朝会、自己紹介
10:45~11:00
WIPの仕事紹介、オフィス内見学
11:00~12:00
社員インタビュー、英語で自己紹介作成
12:00~13:00
休憩
13:00~14:00
翻訳コーディネータの仕事体験
14:00~14:20
タイピング練習
14:20~14:45
ネイティブスピーカとの英会話
14:45~16:15
翻訳コーディネータの仕事体験
16:15~17:30
翻訳体験
17:30~18:00
多言語体験
18:00~18:30
今日のまとめとして日報提出
18:30
退勤

体験模様

WIPのお仕事紹介

WIPでの仕事のプロセスを説明しました。

社員さんへインタビュー

翻訳会社の仕事について、受注から納品、アフターフォローまでの一連の流れを紹介しました。

student_01

社員へのインタビュー

実際の仕事について、日頃心がけていることなどを話しました。

student_02

翻訳コーディネータお仕事体験

紙原稿のカウント、Wordのカウント機能の活用方法、文字認識ソフトなどを使用して、翻訳原稿の文字数のカウントをしました。また実際に、翻訳の手配、訳文のチェック、納品までのプロセスを簡単に体験してもらいました。

student_03 student_04

ネイティブスピーカとの英会話

大阪オフィスのネイティブスタッフと英会話。家族、学校のことなどを英語で話しました。

student_05

翻訳体験

今回は実際に翻訳にも挑戦してもらいました。翻訳に際して、文章スタイルの統一、固有名詞の検索方法なども習得しました。

student_06

多言語体験

社内スタッフと翻訳スタッフの協力の下、ペルシャ語、クメール語、ロシア語、韓国語、中国語簡体字、中国語繁体字を使って、生徒さんの名前をパソコンで入力し、見てもらいました。

生徒のみなさんの感想より…

翻訳はお客さんとの交渉やミスをなくすことなど、とても神経を使うことがたくさんあるのだと知りました。1日のサイクル、常に心がけていること、仕事の苦労…、色々と教えていただいてうれしかったです。

1日だけでも疲れるのに、それを毎日毎日続けている皆さんのことを、心の底から尊敬します。今回教えてもらったことや体験を、これからの進路に生かしていけたらなと思います。本当にありがとうございました。

student_07


将来は英語にかかわる仕事をしたいとのこと。夢が叶うといいですね!(東尾)