プレスリリース

多言語化の総合診断

2016.07.04

フジサンケイビジネスアイに掲載されました

press_01
press_02
< 画像を拡大する >

WIPジャパン 多言語化の総合診断

多言語ビジネス支援のWIPジャパン(東京都千代田区)は、事業のグローバル化・多言語化を総合診断するサービス「G&Mドック」を開始した。企業・個人などが日本/日本語以外の市場を対象に事業展開を図る際に、最適な計画の立案・実行ができるよう、序今日の分析と適切な提言を行う。20年にわたるグローバル化・多言語化支援の経験に加え、世界414都市に広がる提携先・協力先のノウハウを集約することで可能にした。初回のワークショップは無料で、その後の総合診断・計画立案支援、計画実行支援を受ける場合は月額35万円(税別)から。