職場体験の受け入れ

豊島区立西池袋中学校 生徒さんの一日職場体験

student_01student_02

受入れ校
豊島区立西池袋中学校
実施日時
2006年9月1日(金)8:50~16:00
受入れ人数
1名

東京オフィスにて豊島区立西池袋中学校、船津さんの一日職場体験を受け入れました。

西池袋中学校では、生徒さんが職場での実践的体験を通して「生きる力」を養い、勤労の尊さを学び、進路決定に役立たせることを目標に、2年生の生徒全員がそれぞれの希望の職場へ訪れるそうです。

最初にお電話でのご依頼がきたときは、船津さんの中学生とは思えないほどの丁寧な対応を聞き、彼女の社会経験に少しでもお役に立てるならということで、受け入れさせていただくことにしました。緊張した面持ちで打ち合わせに来られた船津さんにプロフィールをうかがうと、なんと中学生にして英検準2級をとるほどの実力の持ち主。翻訳や通訳の仕事に興味があり、どんな仕事か知りたくてWIPにアプローチしてくれたそうです。たった一日ですが、将来有望な生徒さんを預かることになった担当コーディネータの隠善も、張り切ってスケジュールを作りました。

スケジュール

8:50
集合、オリエンテーション、自己紹介
9:00
朝の清掃開始 応接室の机ふき、ゴミ捨て
9:30-10:30
オフィスのメンバーに「はじめましてメール」を送信
10:30-11:00
Excel入力体験
11:00-12:00
業務見学 第2言語事業部 吉田、第2情報事業部 出川にインタビュー
12:00-13:00
お昼休憩 オフィスのメンバーと懇談
13:00-14:00
会社案内のセット作り
14:00-15:00
パソコンで名刺作り、名刺の渡し方講習会
15:00-15:20
ネイティブスタッフのDavidと英語で会話
15:20-15:50
お別れの挨拶
16:00
職場体験終了 おつかれさまでした!

船津さんの感想

student_03

翻訳・通訳の仕事は、英語力以上に日本語力が必要ということを初めて知りました。WIPジャパンの仕事内容についても詳しく教えていただいたので、とても分かりやすかったです。ネイティブスピーカーのディビットさんと話すことができ、とても貴重な体験ができたと感じました。いろいろなことを学べた一日だったと思います。今日の体験を今後の学校生活に生かしていきたいと思っています。お忙しいところ職場体験に協力していただき、本当にありがとうございました。