プレスリリース

HISとWIPジャパン 共同で翻訳サービス提供

2015.10.10

観光経済新聞に掲載されました

press_01
< 画像を拡大する >

 エイチ・アイ・エス(HIS)はこのほど、翻訳サービス業、WIPジャパン(東京都千代田区)提携し、クラウド翻訳サイト「HIS×『訳す/YAQS』」の案内を開始した。両社は訪日外国人が多い宿泊施設や観光施設、飲食店などに、予算に合った高品質な翻訳サービスを提供していく。

 外国人客を受け入れている施設からは、現状では「高品質だが高価な人力翻訳」「安価だが低品質な機械翻訳」の選択しかなく、翻訳に関する悩みの声が両社に多く上がっていたという。

 「訳す/YAQS」は、すでにWIPジャパンが単独でサービスを提供してきたが、インバウンドに力を入れ各宿泊施設への多言語対応サービスを拡充しているHISと、翻訳業界での実績を有し、顧客の増加を目指すWIPジャパンが提携することで、同サービスのさらなる拡充を図る。

 同サービスは人力翻訳なので高品質。一方、申し込みからテキストの依頼、納品、決済まで、全てをネット上で完結するため、中間マージンが発生せず、通常の人力翻訳を依頼するよりコストがかからないという。

 日本語からの対応言語数は12言語、日本語への対応言語数も12言語で、「対応言語数はナンバーワン」(WIPジャパン広報)という。さらに、24時間365日対応、予算と用途に対応可能なコース設定など、手厚いサービスを用意している。