東京カイシャハッケン伝!


20180702_175013

グローバル化の一層の進展に加えて、インバウンドによる訪日外国人の増加など、世界がますます「狭く」なりつつある今日。こうした中、日本の企業が日本語以外の言語でビジネスを進める上で欠かせない翻訳や各種調査、多言語の人材紹介派遣、eコマースなどの業務を展開しているのがWIPジャパンだ。


海外の多様な文化と接点が持てる仕事

同社で働く魅力としてまず挙げられるのは、翻訳を通じて海外の様々な文化と直に接することができることだと、上田輝彦会長は話す。

「翻訳とは、ただ単に日本語を外国語に変えれば良いというものではなく、その国の文化や習慣などを理解した上で訳すことが重要です。そういう意味で、当社には言語はもちろん、海外の文化にも興味や関心が高い社員が多く、仕事を楽しく感じることができる環境だと思います」

同社のクライアントは、医療、半導体、金融など多種多様。また言語も英語、中国語を中心に、韓国語やタイ語、スペイン語など様々な言語を扱っている。翻訳は日本語→現地語のケースもあれば、現地語→日本語のケースもある。それぞれのケースや言語に応じて、外部の専門スタッフとも協力しながら、案件やプロジェクトをコーディネートすることが業務の中心だ。案件やプロジェクトを動かすのは、担当者の裁量に委ねられており、そこに魅力を感じている社員も多い。

「『任されている』と感じることは多いですね。慣れるまでは少し大変でしたが、やり方がわかってくると、やりがいとかモチベーションへと変わっていきます」

そう話すのは、入社2年目、多言語クリエイティンググループコーディネーターの藤賀薫さん。一方で、担当者一人に任せきりにせず、周囲で支え合いながら仕事を進めるという風土も根付いていると、同じくコーディネーターの一橋瑞葉さん(入社3年目)は話す。

「未経験の仕事や、あまり自信のない仕事であっても、過去に同様の案件を担当した先輩や上司にいろいろと聞くことができますし、親身になって答えてくれる人ばかりです。また、新入社員には先輩社員3人が付いて、指導したり、面倒をみたりします」

しっかりとしたサポートがあるからこそ、若手であっても挑戦し、活躍できる。更に、こうした環境が、案件を円滑に進める上で欠かせない「人間力」も伸ばしているのだ。


自律した人材を育てる特別休暇制度を導入

上述のように、同社が求めているのは、自身の裁量で仕事をコントロールし、能力を発揮できる自律した人材だ。現在、同社に在籍している社員のほとんどは留学経験や海外での在住経験を持つが、そのことも自律した人材を求める社風を裏付けている。

「留学や海外で生活した経験がある人というのは、慣れない環境でも一人で対応できる力があります。海外では、住むにあたって部屋を借りるのも、電気や水道を通してもらうのも全て自分で交渉しなくてはならない。つまり、チャレンジングな環境に自ら飛び込んでいける人なのです」(上田会長)

WIPジャパンでは、自律した人材の育成と社員のキャリア形成を支援する仕組みとして、2017年6月に「海外留学に関する特別休暇制度」を導入した。この制度は、勤続年数が3年を数えるごとに、3カ月間の長期休暇が与えられるというもの。導入後、初めてこの制度を利用する社員は、本場のフラメンコを体験するために今年12月からスペインに渡航する予定だ。海外に滞在するという条件を満たせば、語学の習得など直接仕事に関係することが目的でなくても構わない。より制度を利用しやすくするための配慮であるとともに、「言葉を学ぶだけではなく、その国の文化や習慣を肌で感じることで、帰国後、復職したときには、翻訳や調査の質が確実に高まる」と上田会長は意図を説明する。

WIPジャパンが掲げる企業理念は、「もっと理解しあえる世界をつくりたい」。社員全員がグローバリゼーションという潮流の「ど真ん中」で仕事をしているという実感が得られる会社と言えそうだ。


もっと知りたい!

社内の休憩スペースは、みんなの憩いの場になっていますね。執務室では、各自仕事に集中しているので、ここで一息ついたり、お昼に一緒にお弁当を食べたりしながら、仕事のことだけでなく気軽にいろいろな話ができます。また、仕事柄、海外出張が多いので、お土産のお菓子などもここに集まってきます。中にはちょっと珍しい食べ物もあって、「これは何だろう?」「何の味?」とか言いながら、皆であれこれ想像しながらいただくのも、楽しいひと時です。普段仕事で接点のない人と話をしたり、情報交換をしたり、さらにはお土産を通じて世界各地の情報交換までできる、貴重なコミュニケーションスペースです。(藤賀さん)


編集・発行:
東京都産業労働局雇用就業部就業推進課
「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」

bnr_contact.png