インバウンドビジネスニュース


 

 

 

手軽に観光関連情報を発信できるサービス提供開始

 

手軽に世界90か国や地域等に情報発信できるようこそPR提供開始
平成28年7月4日、90の国や地域また旅行観光関連メディアに向け、手軽に定期的な情報発信が行えるニュースリリース作成及び配信プランようこそPRを、WIPジャパン株式会社とともに提供し始めると、ブルームーン・マーケティング株式会社が発表した。


なお、提供開始日は同日7月6日である。

 

低コスト・多言語での配信等の需要を受けて
ブルームーンはこれまでにITや旅行関連分野において、国及び地域ごとのプロモーション支援をしてきている。だがそうした中、外国向けリリース配信における低コスト化や多言語対応の難しさまた、多数の国への配信を希望する等の問題があったのだ。

そこで20年以上もの間、多言語化やグローバル化での総合支援サービスを行ってきているWIPジャパンとの協業を決めたのである。そして、WIPジャパンによる小規模自治体向け情報配信サービスようこそメールを、その1部とすることで今回のようこそPRを作り上げたのだ。

  

ニュースリリースのプランニングから配信までをサポート
今回提供されたようこそPRでは、リリース配信のプランニングからその定期配信までを通してサポートされるので、どこから手をつければ良いのか分からないといった企業にとっても、安心できるサービスだといえる。

また、作成段階までは日本語で実際の配信は全て英語にて行われ、編集及び構成においては英語が母国語である者によりなされるのだ。よって、これによりメディア等からの問い合わせは英語を前提とできる上に、低コストでの配信が実現できるといえる。

その一方で、対象となる90もの国や地域そしておおよそ2,500もの観光・旅行メディアそれぞれの、地域特性に特化した内容で作成されるため幅広い範囲での配信も可能だ。

bnr_contact.png