クラウド翻訳「訳す YAQS」 × ペライチ、 ランディングページ多言語化応援キャンペーン開始

2016年3月7日
WIPジャパン株式会社

  

 

<本リリースの要旨>

■ 多くの中小企業で外国語とWebのスキルやリソースが不足しており、海外への情報発信ができていない
■ 「訳す YAQS」と「ペライチ」を組み合わせ、費用を抑えてWebページの多言語化ができる仕組みを実現
■ キャンペーンページからの登録者に2,000円相当のポイントを付与

 

多言語ビジネス支援のWIP(ウィップ)ジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役:上田輝彦・福良雄、以下WIPジャパン)は、株式会社ホットスタートアップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:橋田一秀、以下ホットスタートアップ)と、3月7日(月)より、クラウド翻訳「訳す YAQS(ヤクス)」(以下「訳す YAQS」、https://www.yaqs.co.jp/ )を活用して中小企業の海外への情報発信を支援する「ランディングページ多言語化応援キャンペーン」を開始します。

 

多くの中小企業にとって、情報発信は大きな課題のひとつです。特に海外への情報発信については、「必要性は強く感じるが、どのようにしていいかわからない」「社内に外国語対応ができる人材がいないため着手できていない」「費用がかかりそう」などの懸念がWIPジャパンにも寄せられています。

 

こうした声に対し、WIPジャパンの提供するクラウド翻訳「訳す YAQS」と、ホットスタートアップが提供するWebページ作成サービス「ペライチ」を組み合わせることで、外国語やWebのスキルがなくても費用を抑えて「海外への情報発信に必要なランディングページの多言語化」をすることが可能となりました。

 

より多くの国内中小企業の海外への情報発信を促進することを目的として、下記要領によるキャンペーンを実施することにしました。

 

【キャンペーン概要】
■ 名称 : ランディングページ多言語化応援キャンペーン
■ 内容 : キャンペーンページからの登録者に2,000円分のポイントを付与
■ 期間: 2016年3月7日(月)~2016年4月30日(土)
■ キャンペーンURL : http://peraichi.yaqs.co.jp/
■ ハッシュタグ : #peraichiYAQS

 

以上

 

 

<<参考資料>>
■ 「ペライチ」について
デザインや HTML などの専門知識や技術が一切不要で、誰でも簡易的にそれぞれの目的に応じた スマホ対応のWeb ページ がつくれるWeb サービスです。 Microsoft のパワーポイントのような感覚で直感的につくれます。これまで、専門知識や技術がなく Web ページをつくれなかった企業や個人、知識や技術はあるが制作時間が確保できなかった企業や個人、簡易的な Web ページを効率よくつくりたい企業や個人に愛用されています。

 

■ 「訳す YAQS」について
クラウドソーシング型の翻訳マッチングサイトは、翻訳依頼から納品まですべてがウェブサイト上で完結するサービスで、高品質で高価な人力翻訳と低品質で安価な機械翻訳との中間に位置し、簡便性の高さから近年急速に認知度が高まっています。「訳す YAQS」は日本語からの多言語翻訳、特にアセアン言語に関しては対応言語数・登録翻訳者の質ともに当該業界でトップクラスです。

<「訳す YAQS」のサービスモデル>

 

<クラウド翻訳マッチングサイトの比較>

 

<「訳す YAQS」の料金プラン> 

 


ホットスタートアップについて
2014年4月21日設立、成長を続けているWebページの制作領域において、誰でも簡易的にサービスやショップの紹介ページがつくれるWeb サービス「ペライチ」を展開しています。

 

WIPジャパンについて
1995年に、「もっと理解しあえる世界をつくりたい」を理念として創業。世界400以上の都市に拡がるネットワークを活用し、官公庁・地方自治体・国内外有力企業・調査研究機関など約6,200(2015年3月現在)の顧客に、高度な多言語運用力が必要とされるサービスを提供し続けています。

 

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】
WIPジャパン株式会社( http://japan.wipgroup.com
広報担当:高橋啓太
Tel.:03-3230-8000/FAX:03-3230-8050
e-mail:k-takahashi@wipgroup.com

bnr_contact.png