ダバオから日本語人材の豊富なマニラ首都圏へ

2015年10月26日
WIPジャパン株式会社

 

 

 

 

多言語ビジネス支援を展開するWIP(ウィップ)ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:上田輝彦・福良雄、以下WIPジャパン)のグループ企業であるWIP Philippines Corp.(本社:Makati City、代表者:芳澤理、以下WIP Philippines)はこのたび、業務拡大に伴い、オフィスをダバオからマニラ首都圏のマカティへ移転しました。

 

WIPジャパンは、グローバル戦略の一環として2013年にフィリピンに現地法人を設立しました。現地法人設立当初はダバオにオフィスを構えて試験的な運用を行ってきましたが、順調に推移してきたため、日本語対応が可能な人材がより豊富なマニラへ拠点を移すことを決定しました。

 

マニラ首都圏の中でもビジネスの中心地であるマカティに移転することで、より多くの優れた人材の採用が可能となるため、WIP Philippinesの、WIPグループの翻訳オペレーション拠点として機能をより強化していく計画です。

 

【WIP Philippines Corp. 新オフィスについて】

■ 所在地:
  Builder's Center Building,170 Salcedo St., Legaspi Village,Makati City 1229,Philippines
■ 電話番号: +63-(0)2-8018703
■ 代表者: 芳澤理(よしざわただし)
■ Webサイト: https://japan.wipgroup.com/about-us/wip-group/about-wip-philippines.html 

 

以上

 

 

WIPジャパンについて
1995年に、「もっと理解しあえる世界をつくりたい」を理念として創業。世界400以上の都市に拡がるネットワークを活用し、官公庁・地方自治体・国内外有力企業・調査研究機関など約6,200(2015年3月現在)の顧客に、高度な多言語運用力が必要とされるサービスを提供し続けている。

 

 

【本件に関するお問い合わせ先】
WIPジャパン株式会社(http://japan.wipgroup.com)
広報担当:高橋啓太(Keita Takahashi)
Tel.:03-3230-8000/FAX:03-3230-8050
e-mail:k-takahashi@wipgroup.com

 

 

bnr_contact.png