今年も企業訪問受入れを行いました。

今回WIPジャパン東京オフィスを訪れてくれたのは、秋田県大館市立南中学校の生徒の皆さんです。

・実施日時:2016年5月26日(木)13:30~15:30
・受入れ校:秋田県大館市立南中学校
・受入れ人数:3名

スケジュール

13:30 来社
13:35 自己紹介
13:45 予定説明
13:50 WIPジャパン会社概要説明
13:55 翻訳の仕事の流れを知ろう
14:05 職場見学・Q&A
14:20 英会話教室(デイビッドさん)
14:45 質疑応答
15:00 感想文作成
15:30 終わりの挨拶・記念撮影・終了

体験模様

自己紹介、翻訳業務の紹介

翻訳会社が翻訳物を作り上げるまでの流れを紹介。みんなとても真剣に話を聞いていました。

20160525_001.jpg

職場見学・Q&A

翻訳プロジェクトマネージャーの仕事を少しだけ体験。すべての間違いを即座に見つけて、みんなとても優秀でした。

20160525_002.jpg 20160525_003.jpg

デイビッドさんとの英会話

弊社ネイティブスタッフ・デイビッドさんとの英会話とゲーム。初めは少し緊張していましたが、すぐに慣れて積極的に発言していました。

20160525_004.jpg 20160525_005.jpg

生徒のみなさんの感想より…

  • 今日は様々な体験をできて、とても楽しかったです。
    自分は翻訳について知らないことが多くあり、最初は戸惑いがありました。しかし、翻訳という職務に携わっている方々の仕事を見てみると、苦労する点などが多くあり、翻訳の大変さや翻訳の仕事に至るまでの経路が身にしみて伝わりました。
    また、翻訳する際に、各国の専門的な方々がいることを知り、翻訳の奥深さも分かった気がします。
    今回、実際に働いているところを見せていただきましたが、仕事に対する熱意であったり、その仕事にかける思いも伝わりました。自分は翻訳という職務とはかけ離れている仕事を将来選んでいますが、仕事を好きになるということはどの仕事でも共通していることが分かりました。
    最後にありました英会話教室で自分の英会話のレベルが分かったのでよかったです。英語は自分の中で苦手な教科でもあるので、必死に勉強していきたいと思います。
    今回、WIPジャパンに来て、国際社会で働く上で大切なこと、人との関わり方を学ぶことができてよかったです。

  • 私は将来、日本と世界の懸け橋になりたいので、今回WIPジャパンに訪問できてとても良かったです。私は翻訳の仕事をするのにたくさんの苦労があるということを学びました。今まで翻訳と聞くと、ただ言語を置き換えるだけだと思っていました。しかし、今回訪問をしてただそうするわけではないことを知りました。お客様の依頼通りにできるよう、細かく確認しているのに驚きました。私は将来、英語を使って仕事をしたいと思っていました。でも、その英語は道具であって、最終目的は英語で何を伝えられたかが重要だと思いました。
    これからはただ英語を勉強するのではなく、いろいろな国の文化も学びたいです。また、WIPジャパンの方々はみんな笑顔が良く、職場を見させてもらったとき、とても入りやすかったです。デイビットさんの英会話もとてもおもしろかったです。久しぶりに外国人と話して刺激を受けました。またお話ししたいです。今回の訪問、とても楽しかったです。おいそがしい中、引き受けてくださり、ありがとうございました。

  • 職場体験の時間はあっという間で、とても楽しかったです。翻訳をする方のお仕事しか今まで知りませんでしたが、依頼主と翻訳者の懸け橋となるお仕事というのは、とても興味深かったです。今回の職場体験では、お客様が本当に必要なことを把握し、それを実現することが大切だとわかりました。これは、どの仕事でも言えることだと思います。また、翻訳をするお仕事は、たくさんの国と関わることができる素晴らしいお仕事だとも感じました。この体験を終えて、もっと英語について頑張りたいと思いました。英語を話したり、外国の文化に興味をもったり、たくさんのことをしていきたいです。本日の職場体験、とても勉強になりました。


20160525_006.jpg 20160525_007.jpg


秋田県大館市立南中学校のみなさん、どうもお疲れ様でした!

bnr_contact.png