競合サイトで使用されているキーワードを抽出し、海外進出検討にあたっての分析材料とします。

海外競合ウェブサイトキーワード調査では、海外の競合他社サイトで使用されているキーワードを現地語および日本語で網羅的に抽出し、貴社の現地ローカルサイト構築時に使用すべき最適なターゲットキーワードを明らかにすることを目的としています。本調査で抽出したキーワードは、海外SEO戦略にも生かすことが可能です。また、ECサイトや商品検索サイトのカテゴリ分類の検討の際にもご活用いただけます。

WEBサイトの海外展開を行う際に、日本語サイトを現地語に翻訳するだけではターゲットユーザーにリーチし、訴求できるWEBサイトにはなりません。例えば、日本のアパレル通販サイトでは、「ズボン」のことが「パンツ」というキーワードで表現されていますが、日本の状況を鑑みずに翻訳をすると「ズボン」というキーワードで翻訳されるかもしれません。この例のように、現地で実際に使用されている言葉を把握し、適切なキーワードをWEBサイトで使用していくことが、訴求力のあるWEBサイトを構築する上で重要になります。

本調査では、現地で一般的に用いられているキーワードをリストアップし、言葉の定義についても辞書的な意味にとどまらず、現地で使用されている意味をご報告します。そうすることによって、貴社の現地ローカルサイトで使用すべき適切なキーワードを浮き彫りにします。

調査手法

WIP海外現地リサーチャーによる海外競合ウェブサイト調査(調査対象サイト:3サイト)

成果物

  • ターゲットキーワードリスト(Excel)
  • キーワード(現地語・日本語)
  • キーワードの定義
  • キーワード数(目安):500件

費用

60万円~/国(要見積)

対応可能言語

WIPジャパンの89か国、414都市、139言語にわたる海外リサーチネットワークを活用し、主要国・主要言語サイトのすべてにおいて調査が可能です。

その他の目的から探す

実績

WEBマーケティング、制作、運用の実績および
お客様の声についてはこちらからご覧いただけます。

お問合せ

サービスに関するご質問、見積作成のご依頼などは、
お問合せフォームおよびお電話にて承っております。

bnr_contact.png