概要

アイトラッキングとは眼球の動きを測定して分析する手法で、発達心理学や言語心理学、神経科学などさまざまな分野で用いられています。ウェブユーザビリティ調査においては、ウェブページ内のユーザーの閲覧箇所、閲覧順序、注視率などを測定することで、対象となるウェブサイトのサイト構造や導線、カテゴリ区分などの課題を検証します。WIPジャパンでは、世界89か国、414都市に展開する海外リサーチネットワークを活用し、海外の想定ネイティブユーザーに対してグローバルサイトアイトラッキング調査が可能です。複数の国の想定ネイティブユーザーが対象となるウェブサイトを評価することで、各国の傾向や違いも把握することも可能です。

さらに、専門家によるヒューリスティック調査や競合ウェブサイト比較調査などその他調査手法との組み合わせにより、多角的な視点からグローバルサイトの改善点を抽出、改善のためのロードマップを策定することができます。

特長

ユーザーの視点を正確に把握

ユーザーはウェブサイト構造を適切に把握しているか、目的の情報を探す際に迷いはないか、最初に閲覧する対象はなにか、注意を引きつけているものはなにか、といったユーザーの反応を正確に浮かび上がらせます。WIPジャパンのグローバルサイトアイトラッキング調査で採用するTobii社のアイトラッカーは、ユーザーの自然な振る舞いを正確に測ることができます。調査レポートには、複数の調査対象者の視線データのヒートマップやゲイズプロット(視線データの停留位置、順番、長さ)などのビジュアリゼーションおよび録画データも含みます。

VHCndwDoe5h-vxSrJCSM.jpgpCoaQlBCcuMnCiglUiV2.jpg

出所:http://www.tobii.com/ja-JP/eye-tracking-research/japan/research/advertising-research/

アイトラッキングによる視線情報とインタビュー調査の組み合わせ

アイトラッキングによりユーザーの視線行動を測定することに加えて、ユーザーに対してインタビューを実施することで、ユーザー行動の背景心理など質的な分析を掘り下げることで、多角的な分析を試みます。

豊富な海外リサーチネットワーク

同じウェブサイトであっても国や性別、年代の違いにより、デザインや使い勝手に対するとらえ方が異なります。WIPジャパンでは世界89か国、414都市に広がる海外リサーチャーネットワークを活用し、グローバルサイトの想定ユーザーとなる海外現地ネイティブユーザーをリクルーティングし、同ユーザーに対してウェブユーザビリティ調査を行います。対象国が複数におよぶ場合でも、お客様との窓口と調査コーディネートを日本で一元管理することでスムーズなプロジェクト進行と調査分析が可能です。

成果物

調査結果報告書

費用・納期

  • 190万円~/1プロジェクト、1か月~
その他の目的から探す

実績

WEBマーケティング、制作、運用の実績および
お客様の声についてはこちらからご覧いただけます。

お問合せ

サービスに関するご質問、見積作成のご依頼などは、
お問合せフォームおよびお電話にて承っております。

bnr_contact.png