スピーディな情報発信で同業者に差をつける! 国内および外国顧客を強く魅き付けるサイトを目指す。

浅村特許事務所

杢中正樹 様

浅村特許事務所
情報部 システムグループ
プロフィール
2013年入所 エネルギー系のシステムエンジニアだった経験を活かして 事務所内のすべてのインフラ、アプリを管理、改善している。
浅村特許事務所

お客様の課題

1. 情報の更新スピードを速くしたい。
2. トップページのデザインを刷新したい。
3. ユーザビリティが悪い。
4. 弁理士・弁護士が充実していることをアピールしたい。

提案・実施内容

●スピーディな情報発信を実現するためにCMS導入をご提案・実装。
●トップページを含むサイト全体から発せられるイメージを国際的な印象、洗練された印象に変更。
●弁理士・弁護士紹介ページに検索方法の追加、紹介ページに掲載する項目(弁理士・弁護士のプロフィールなど)の刷新充実化。
●他の言語(中国語、韓国語)ページを追加。

効果

●CMS導入により最新情報がタイムリーにサイトに掲載されるようになった。
●弁理士・弁護士紹介ページには、プロフィール、弁理士からのコメント等がより詳細に掲載され、より身近に知っていただけるようになった。
●弁理士・弁護士の名前を知らなくても役職や担当分野などで検索できるようになり、見つけやすくなった。
●トップページおよびサイト全体から、国際的な印象、洗練された印象を与えることができるサイトになった。

ホームページをリニューアルするにあたって当初の課題は何でしたか?

まず一つ目の課題は、情報の更新スピードが遅いということです。法改正、判例の情報をスピーディに公開することが、特許事務所の質につながります。従来のような静的HTMLでは対応できませんでした。

二つ目は、WEBサイトのデザインです。昔ながらの特許事務所といった感じで、地味でまじめ、面白みがないといった印象でした。もっと気品があるものに変えていきたいと思っていました。

最後の課題は、コンテンツの構成です。不要と思われる内容のコンテンツが多く、例えば「特許とはなにか?」といった初心者向けのものも含まれていました。当事務所のお客様には日本および外国での特許出願を希望される企業の方が多くいらっしゃいますので、もっと最適なコンテンツを置くべきと考えていました。また、従来は日本語版と英語版の2種類のホームページのみで提供していたことも課題でした。

今回の改善でどのような変化が得られましたか?

浅村特許事務所

CMS導入により情報発信力が増したと思います。法改正や判例情報をスピーディに発信する事により他の事務所にまったく遅れをとることがなくなりました。

TOPデザイン関してはグローバル感が増したと思います。洗練された上質なイメージになりました。

さらに、弁理士の検索方法を名前以外にも専門分野でできるように追加したり、プロフィール欄を充実させたりすることにより、ユーザビリティが大きく変わったと思います。もちろん韓国語、中国語(簡体字)版を作成したことにより、アジアからの問い合わせも増えてきました。

今回、WIPジャパンを選定された理由は何ですか?

他の企業からのご紹介がきっかけです。いろいろ調べてみるうちに多言語WEBサイトを数多く作った実績、特許業界でのサイト構築の実績があることが分かり安心感を持ちました。またデザインからサイト構築、翻訳までを一本のラインでお願いできるという点に魅かれました。

今回、WIPジャパンに対する評価はいかがですか?

浅村特許事務所

デザインに関してはこちらの予想を上回る出来で、評判上々です。提案段階から、いろいろなリサーチを重ねていただき、トレンドもご紹介いただき勉強になりました。こちらの無理な要望に対しても一つ上を行く提案が返ってくるので、サイト自体が非常に充実したものとなりました。実際、問い合わせ件数もアクセス数も徐々に増えているので、満足しています。満足度は100%です。

今後はどのような展開を予定されていますか?

浅村特許事務所

このプロジェクトはホームページを作って終わりというものではありません。これから運用していくことで、本来の真価が問われると思っています。現在、所内にホームページ編集委員会を設置してどういう情報を載せて行くか検討を重ねています。運用して行くうちに新たな改善が見つかるかもしれません。そのときは、また、WIPさんにご相談しようと考えています。

btn_list_under.png btn_next_ji.jpg

bnr_contact.png