HOME > 翻訳サービス > WEBローカリゼーションとは

WEBローカリゼーションとは

日本語のホームページを外国語化する際や外国語のホームページを日本語化する際、グラフィック(画像)処理はもちろんのこと、様々なプログラム、CGI、METAタグ、各種スクリプトなどのエンジニア的技術背景が必要となり、いわゆる「翻訳」というだけでは最終的にお客様が望む成果物を納めることができません。

これらの行為をまとめて、WEBの「現地語化」、すなわち「ローカリゼーション」 Localizationと呼び、これらエンジニア的技術背景をもった翻訳会社を「WEBローカライザー」といいます。

WIPジャパンは単なる翻訳会社ではなく、多言語WEBサイト制作も得意としており、これまで数多くのお客様のWEBサイト構築・制作を担当させていただいています。
WEBサイトのローカリゼーション、多言語化を検討されているお客様はぜひ一度ご連絡ください。

Pagetop