HOME > 翻訳サービス > WIPのローカリゼーション 5つの特長

WIPのローカリゼーション 5つの特長

WIPのローカリゼーションが評価されている主な理由は、以下の5つです。

1. 安心の翻訳品質

翻訳は各業界でトップクラスの品質を誇る翻訳者が担当します。また、過去の翻訳資産を有効活用できる「翻訳支援ツール」の使用経験も豊富であるため、テキストが大量でも、均質で安定した翻訳を割安で提供しています。

2. 自社WEB制作チームの保有

社内に多言語WEB制作の専門チームを有しているため、翻訳だけでなくWEBコンテンツ制作の観点からも的確なアドバイスをすることができます。たとえば、あらかじめ競合他社サイトについて調査を行ったり、各仕向地に最適なデザインや色使いをご提案するなど、お客様のご要望に応じたきめ細かいサポートが可能です。

3. 多言語翻訳の豊富な実績

WIPでは常時さまざまな言語への翻訳を承っています。そのため、日本語や英語からの多言語ローカライズも得意としています。多言語ローカライズでは、各言語のネイティブスピーカーが作業に携わりますので、日本語や英語の原文に忠実な翻訳だけでなく、お好みに応じて現地の方々にとってのわかりやすさを重視した翻訳に仕上げることも可能です。

4. 盤石の制作体制

翻訳と技術(IT、DTP、Tool等)の両方に精通したプロジェクトマネージャーがプロセス管理を行っています。また、社内プロセスにおいてはTPG(トランスレーション プロセスガイド)と呼ばれる標準作業手順書を採用。工程保持、品質管理、用語集の整備、レビュー、負荷容量管理など安定した品質を保証する制作体制を構築しています。

5. 徹底した機密保持と危機管理

社内従業員(翻訳スタッフ、派遣社員、パートタイム含む)・外部リソース(関係・協力会社と翻訳者)全てと秘密保持契約を締結。また、翻訳ソースの管理・保管については、最新のセキュリティ体制を導入。バックアップ、ウィルス対策などの危機管理にも万全の体制でプロジェクトの進行を行っています。

Pagetop